世界唯一のコンパクト多機能レスキュー車「AQUIN Rescue Vehicle(アキュイン・レスキュービークル) | 株式会社アキュイン

 

 

AQUIN Recue Vehicleは佐鳴湖浄化技術の確立を目的とした実験開発によって生まれました。

 

佐鳴湖での実験を続けていますと、散歩中の人が実験の様子を見学に来ます。実験現場には佐鳴湖湖水と処理水の水槽が並べてありますので、見比べながら殆どの方が『これは災害の時は役立つだろうな。』と言われます。

 

このような声からAQUIN Rescue Vehicleが誕生しました。

 

 

主な機能

 

1. 有害汚染成分を除去

電荷変換水路+還元吸着水路による活性炭界面吸着技術を採用しています。

汚染水から無薬剤で直接、連続して清潔で安全な水を造るための技術です。

 

2. コンピュータ制御による浄水プロセス

AQUIN Resuce Vehicleに入ってきた汚染水は、コンピュータによる電子制御運転によって飲料水化されます。被災地の汚染水成分に応じた設定が行えます。

 

3. 3電源方式

a. ソーラー発電(制御装置)

b. 車エンジン(ソーラー発電能力及びバッテリー容量が低下した場合)

c. 発電機(ポンプ駆動)

 

被災地の電力事情、昼夜を問わず飲料水製造供給が可能です。

 

4. 紫外線殺菌装置を内蔵

細菌類を殺菌し、飲料水規準の安全な水を供給します。

 

5.オゾン水製造装置を内蔵

被災地の衛生環境を清潔に保つために、オゾン水で食器類、衣類、食材、室内等の殺菌を行うことができます。

 

 

主な特長

 

1. 無薬剤で、様々な有害汚染成分を取り除きます

《除去成分例》 細菌類、有機化合物、濁度成分、色度成分、塩素、鉄・マンガン・六価クロム・クロム・ホウ素・ヒ素・ニッケル等の重金属類、硝酸態窒素、アンモニア態窒素等

 

2. 被災地周辺の汚染水から飲料水を造ることが出来ます。

幅広い有害汚染成分を高い除去率で取り除くため、殆どの汚染水から飲料水を造ることが出来、被災者へ清潔で安全な水の供給が可能になります。

 

3. 汚染水の中のミネラル分子はそのままです。

このため被災地の水をミネラルウォーター化します。

 

4. 避難生活の健康維持に役に立つ水を造ります。

電荷変換技術が用いられているためAQUIN Rescue Vehicleを通過する水には電子が与えられます。このため水分子同士が結合しにくく、単独の水分子が数多く含まれていることから、細胞へスムーズに吸収され体内の老廃物/不要成分を排出します。

 

5. 疲労回復にも効果的な水です。

避難生活の疲れから体内の酸化が進み疲れ易くなります。AQUIN Rescue Vehicleが造る水に多く含まれる電子によって代謝が健全になり疲労回復を促進します。

 

6. かなりの悪路があっても水供給が可能

走破性には定評があるジムニーに搭載していますので被災地での行動範囲が広く取れます。(ジムニー以外の車輌にも搭載可能です。)

 

 

その他の用途

 

1. 地下水の飲料水化

AQUIN Rescue Vehicleは、地下水の大切なミネラルをそのまま残し、有害汚染成分は除去しますので安心して飲用出来る水を造ります。

 

2. 海水の浄化

AQUIN Rescue Vehicleは、海水のミネラルをそのまま残し、有害汚染成分を除去します。このため災害によって汚染された海産物を鮮度を損なうことなく殺菌洗浄します。

 

3. 温泉の浄化

AQUIN Rescue Vehicleは、温泉の有用ミネラル成分をそのまま残すことが出来ます。このため災害によって汚染された温泉水は成分を損なうことなく浄化されます。

 

4. 畜産施設の殺菌洗浄

殺菌用オゾン水により、災害時だけに限らず日常的に畜産施設の清潔安全を保持することが出来ます。

 

5. 農業用水の確保

汚染された水系の水を作物が吸収し易い水にします。異常気候や水不足時に作物を守り育てることもAQUIN Rescue Vehicleの役目です。

 

 

これからも私たちは、被災地、不衛生な水飲用地域、水質汚染地域に、清潔で安全な水を供給していくためのシステム作りを進めていきます。

 

 

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらのページをご覧ください。